伊藤捨録経営会計事務所

税理士業務、社労士業務を行う伊藤捨録経営会計事務所です。福井県内全域対応致します。

HOME»  相続

相続

永遠の別れは相続の始まり!?

誰にでも訪れる大切な人との悲しい別れ。人が亡くなったとき、相続は自動的に発生致します。ここから相続手続きの期間が始まるわけですが、手続きの中には期限が設定されているものあるので、注意が必要です。

 

相続の手順とスケジュール

では、相続とは何をいつまでに進めていかなければならないのでしょうか?
相続の発生から手続きの完了までのスケジュールをフローチャートで見ていきましょう。

 

相続

 

大まかな流れについては上記のとおりですが、この中で期限が定められているのが、相続の放棄・限定承認、所得税の準確定申告、相続税申告・納税です。

 

1.相続放棄・限定承認・・・3ヶ月以内

相続にあたり、負の財産である債務が正の財産よりも多い場合、「相続放棄」をすることによって負担を免れることができます。この場合、債務はもとより、財産を一切受け入れないことになります。
一方で、正の財産の範囲内で負の財産を承継することを「限定承認」といいます。(なお、財産をすべて無限に承継することを「単純承認」といいます。)この「相続放棄」と「限定承認」は相続開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。

 

2.所得税準確定申告・・・4ヶ月以内

通常、不動産所得や事業所得などの所得税の確定申告については、翌年の3月15日までに行いますが、個人が死亡した場合には、その年の1月1日から死亡した日までの期間の所得について、相続開始を知った日から4ヶ月以内に確定申告をしなければなりません。これを準確定申告といい、相続人全員が納税者となり、申告を行う義務が生じます。

 

3.相続税の申告・納付・・・10ヶ月以内

被相続人の遺産に対して相続税が発生する場合、相続開始を知った日から10ヶ月以内に相続人全員が相続税の申告・納税をしなければなりません。相続税の現金納付の場合には10ヶ月以内で納税しなければなりませんが、その他の納税方法の延納や物納についても10ヶ月以内に申請書を提出し許可を受ける必要があります。

 

お問い合わせ

お問い合わせ